フューチャリスト

2023.06.11

[妄想] Necessity of an equation that can express CP violence, surpassing the Dirac equation

Note) Looking at the Schrödinger equation, it was asymmetric with respect to energy, with a zero point energy. I remember that when the Schrödinger equation is expanded into the Dirac equation, the terms related to the zero point energy are ignored. Is my understanding of this correct? If my understanding is correct, I have a hunch that if I expand the Schrödinger equation without ignoring the zero-point energy, I will derive a new Dirac equation that indicates that the CP symmetry is broken. doing.

My question is that the CP violation cannot be explained by the Dirac equation. I think we need a fermion equation that can explain the CP violation. In order to do that, I think we need to go back to the starting point and reconsider. One possibility is that the zero-point energy has a positive value, eg, the ground state of the electron-antielectron pair wants the energy biased toward positive values. It is to think of such an equation. However, certainly, as a point of concern, energy is not a universal quantity for the Lorentz transformation. If the equation is constrained that the total energy of the pair is not observed to be negative, even if not a universal quantity, I speculate that the goal will be achieved. I speculate that the total energy of the pair of electrons and anti-electrons will be an equation that can derive two solutions, one in the world of positive values and the other in the world of negative values. It doesn't matter which side our universe belongs to, because it is symmetrical. Whether plus or minus is called plus is a matter of definition.


 

メモ)シュレディンガー方程式を見ると、零点エネルギーが存在して、エネルギーに関して非対称でした。シュレディンガー方程式がディラック方程式に展開において、零点エネルギーにかかわる項が無視されていると記憶してます。私のこの理解は、あってる? この私の理解が正しいとすれば、私、この零点エネルギーの無視しなで、シュレディンガ方程式の展開を行えば、CP対称性が、おのずと、破れを示す新たなディラック方程式が導出されると予感しています。

私の疑問は、CP対称性の崩れを、デイラック方程式で説明できていないことです。CP対称性の崩れを、説明できるフェルミオンの方程式が必要と思います。そのためには、原点に戻って、考え直す必要があると、思っています。 1つの可能性としては、零点エネルギーが正の値を持つことで、例えば、電子と反電子の対の基底状態で、エネルギーが、正の値に偏って欲しい。そのような方程式を考えることです。 但し、確かに、懸念点としては、エネルギーは、ローレンツ変換に対して、普遍量でないことです。普遍量でないにしても、方程式に、対の総エネルギーが、負の値に観測されない制約が課せられれば、目的は達成するように憶測しています。 電子と反電子の対の総エネルギーが、正の値の世界と、負の値の世界のか2つの解が導出できる方程式になると、憶測しています。我々の宇宙が、どちらに属していても、対称であるので、かまわないことにうなります。プラスとマイナスは、どちらをプラスと呼ぶかは、定義の問題です。


Vol0001_2023040201

Note) Come to think of it, I previously solved the Schrödinger equation for the two-body problem of electrons and positrons. In the non-relativistic Schrödinger equation, the electron-positron pair has a positive zero-point energy value. The sum of the energies cannot be zero. In other words, when considering the individual energies of electrons and positrons, the possibility of symmetry is low. Different energy levels also break the symmetry of the transition probabilities.
It is interesting to see if there is a way to integrate the Schrödinger equation with the theory of relativity while maintaining this asymmetry.


メモ)そういえば、以前に、電子と陽電子の2体問題のシュレディンガ方程式を解いています。相対性理論が適用されていなしシュレディンガ方程式において、電子と陽電子の対は、正の零点エネルギー値をもちます。エネルギーの合計は、零になりません。つまり、電子と陽電子の個々のエネルギーに分けて考えた場合、対称になる可能性は低いと思います。エネルギー順位が異なることで、遷移確率の対称性も失われます。
この非対称性を維持したまま、シュレディンガ方程式を、相対性理論と融合する方法があるのかどうか、興味深いところです。

以上

 

| | コメント (0)

2020.11.01

MEMO: Keywords for the next future

MEMO: Keywords for the next future (my recent interests)

  • Treatment and prevention of corona pneumonia
  • Distributed ledger technology, low-cost digital signatures for documents with middle-class security
  • Quantum communication (quantum entanglement)
  • Photon's own time, pair annihilation, pair generation, short wavelength gravitational wave
  • Power generation by dark matter and dark energy
  • Superstring theory
  • Biocomputer (intention to be composed of organic matter. Hypothesis that it will be the base of quantum computing at room temperature. De-semiconductor circuit), interface with human body
  • Space colonization and VR/AR/MR

(TBD)

| | コメント (0)

2017.12.31

Biotechnological Reincarnation Implementation

In the future, biotechnology may be able to save brain memories to genes by its progress. And, you may be able to load the memory that you save on the gene into the brain. This Save / Load mechanism may also be incorporated into genes. It is a technology that enables "reincarnation" in ghost stories. When I think about it, I feel a terrible feeling. Do you want an eternal life?

バイオ技術が進歩して、脳の記憶を、遺伝子にSaveして、遺伝子にsaveした記憶を、脳にLoadすることができるようになったらと、考えると恐ろしい感じもしています。このSave/Loadの仕組みも、遺伝子に組み込まれるかもしれません。怪談で言う「転生」を可能にする技術です(*´д`*)〜з 永遠の命、欲しいですか?

[REFERENCES]

#FUTURIST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.06

Delusion about a vacuum tube to the next century (Quantum Computing)

[Delusion about a vacuum tube] Will someday in the future, a transistor (semiconductors), like that picture, will be a long time ago? However, already over 20 years ago, consumers seem to have less opportunity to see transistor parts. Now, what we see is mostly flat-package LSI. Other parts and parts are also chip parts, so we can not tell them apart. If so, the age group who miss the real thing of transistor parts is born in the Showa era. Now, in the Heisei 29, the era when the semiconductor is gone is still ahead.
Next, is it a living biochip? In that era, audio may also be the direct drive of the auditory nerve. And the common sense that "sound is transmitted through air" must also be gone. In addition, there may be some communication as to how communication will be realized. In the SF topic, there is a hypothesis that the brain tissue is communicating with the outside by the twin electrons. Even with this biochip, when twin electrons are adopted, I am delusive.

I had written, "Even with this biochip, when twin electrons are adopted, I am delusive". If so, in the next century, it may be easier that our brains directly connected to AI computations implemented by a large quantum computer. All brains may have shared all information at the same time. I don't know whether it gives us peace, by letting our intelligences unify only a macroscopic intelligence.


Dqq_1z9uqaejuju
#真空管な妄想
いつの日か、トランジスタ(半導体)も、こんな風に懐かしむ時代が来るんだろうか? でも、既に、この20年以上で、コンシュマーが、トランジスタ部品を見る機会も、あまりないような気もする。フラットパッケージのLSIが、ほとんど。他も部品も、チップ部品で見分けがつかないときている。だとすると、トランジスタ部品の実物を懐かしく思う年齢層も、昭和生まれでしかないのか(;^ω^) 平成29年にして、半導体がなくなる時代は、まだ先だよね。次は、生きてるバイオチップ? オーディオも、聴覚神経をダイレクトドライブなのかもね。「音って空気を伝わるもの」っていう常識すらなくなるのかも。
後、通信はというツッコミには、SFネタから借りてきて、脳組織が双子の電子で、外部となんらかの通信を行なっているのではないかという仮説から、双子の電子が利用されると妄想中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

2030年に向けて - 1 -

[Futurist MEMO] 余生を過ごすだろう2030年には、97%の確率で氷河期が来ると予想されているのか。更に、2030年、温暖化ガスの濃度が高くなっていると、氷河期の影響が増幅される可能性がある、心底冷えるって感じ。風力発電や太陽発電への影響は?

本来の発電量が得られない危険視もあるのかも。せに腹は変えられないので、原子力の出番もあるのかもしれないな。それまで、貴重な核燃料資源を浪費しないのが吉かな。更に、2030年の気候や世界観を想像してみる。氷河期となると農産物も収穫量や季節による育て方が変わってくる。屋内栽培に切り替わっていないと、生産性を維持できないのかも。

日本の農家の平均年齢が、現在、65歳らしいので、2030年には、国内の農業は自然消滅している可能性もある。要は、個人業としての農業は終了して、農林水産業の大規模法人化がされて大規模な資本投入がなされる状態にないと、滅びそうな気もする。

農林水産業の国有化は避けたいのは、ゆくゆくは、人類定員制へ向くのがみえみえだからかな。また、今続いている紛争も、民族生き残りをかけた、食糧や資源の奪い合いにもなりかねない。人口減少のための戦争も避けたい。日本の少子化と人口減少は、もしかしたら無駄に命を失わせないシンクロシティになるのかもしれない。

2030年の危機を乗り越えるのが、中期的な当面の人類の課題?

それにしても、年金がもらえるだろうリタイヤする時期には、地球的に、波乱な世の中になってるのか(´д`)〜з そんな中、ムーアの法則が続けば、AI(ニューロラルネットワークチップ)は、猫の脳組織の規模を超えてくる。自律運転の自動車も普及始めているのかも。脳とのコンピュータの接続も、臨床レベルとか、進展があるのかもね。これらが、危機を耐え抜くために、役に立つかは不明。

とりあえず、地磁気逆転の危機よりは、だいぶん早く直面する課題だ。今の理系離れの日本では、大きなピンチになる。今の生徒学生が、大人になって直面する自然の驚異。今の大人は、役に立たない。危機に先んじて、個の強化は必至だろう。


注)そんな将来の話では、東芝と、原子力は、切り離して考えるべきだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)