« 手軽になった電子基板の注文製造 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2015.10.20

IoT, IFTTT, Numerious お試し

IoT, IFTTT, Numerious お試し

15101903

何を測ってるかについては、下記を閲覧ください。


【後日追記】稼働1ケ月弱

15112202

意味ありげであるような、無いような(;^ω^)


[私の仮説, My hypothesis]

 NHK番組「サイエンスZERO」では、人の集団的な感情の高まりが、光量子乱数発生器の乱数に、偏りを発生させるかもしれないという紹介だっだ。でも、考えてみると、光量子乱数発生器の乱数の偏りは、原子核の表面電子の量子力学的な振る舞いが変動するしていることを意味している。
 そうなると、むしろ、逆ではないかという仮説を上げたくなる。どいうことかというと、原子核の表面電子の振る舞いの変動は、化学反応の平衡状態に変化を与えことになり、結果、当然、動物(人間含む)中の科学反応にも影響を与えることになる訳だ。何らかの原因によって、原子核表面の量子学的な電子状態に影響し、それが、人類の身体や脳に、科学反応のバランスを変動させ、体内に分泌されるホルモン量に何らかの影響を与えそうだ。その結果、ある者は、大事件を起こすという傾向にあるのではないかというのが、私の仮説だ。ただ、日常、月の潮汐運動による重力ひずみが身体に及ぼしている力学的な刺激もあが、更に、それを差し置いて、分泌物の分量比率を若干変化させる要因の1つとも考えるのが、自然な気がしている。光量子乱数発生器の乱数の偏りを検出するのにも時間がかかる訳で、予言するには検知は遅いという訳なんだろう。
 さて、光量子乱数発生器の乱数の偏りを発生させている原因は、別にあるということになるのだが、何だろうか? 自然界からの不測の刺激を検知できれば、未然に大事件を防げるのかもしれないが、人類の進化の多様性を失わせる結果も生じさせる危険性もあるだろう。

The NHK TV program, "Science ZERO" had said that big emotion upsurge of human crowd may affect a photon quantum random generator. I think what affect the photon quantum random generator also influence the human one. It will change electrons quantum state in atoms constituting a half mirror in the generator, so that it also affect chemical reactions in a human body.


【後日追記】

残念なことに、Numerious が、資金調達できずに、2016年4月30日で、サービス終了になってしまいました。それまでのデータも消失です。現在、Google Spreadsheetへ切替えています。

|

« 手軽になった電子基板の注文製造 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IoT, IFTTT, Numerious お試し:

« 手軽になった電子基板の注文製造 | トップページ | 明けましておめでとうございます »