« Ready to use Maya 2009 and RenderMan Studio 2.0 for MacOSX/Leopard | トップページ | Data Storage Expo 2009, etc. »

2009.05.15

DCE, CEE, FCoE, ... 何かの呪文か(^^;

最近、Ethernetプロトコルのホットな話題ようだが、3文字略語が多いし、大昔の通信の略語とも重なるものある。私の年代では、混乱しまくりじゃ! といっても、昔を知らない世代に広まってしまっては、どうにもならないか、悲しい限りだ。まあ、プロトコルスタックで整理してみると、下図になるのかな? 

Dceceeether2009051401_3 恩師、すいません。縦軸のプロトコルスタックを、かなり荒っぽく描いてます。
最大の期待効果は、まずは、ラックやフロアを、縦横無尽に走っている配線量の劇的な削減にあるのだろう。ケーブルは意外に高価。あと、付随して、装置側のコネクタ数の削減で、カードエッジのコネクタ数が減れば、回路基板を小さくできるかもしれない。DCBには、2陣営(Cisco vs IBM)、旗が上がっているのだが、互換性を積極的に保証する意志がないとなると、最悪、ビデオのベータとVHS みたになる危険性もある。通信上の互換性というよりも、プログラム開発観点で互換性がないと、OSやらデバイスドライバの開発者が苦労しそうだね。まあ、Cisco社からは、Cisco DCEは、CEEと本質的に同じという記載もあったので、互換性はあるのだろうと思う。あと、DCBの為に追加されたIEEE側の規格は、下表になるようだ。

802.1Qau Congestion Notification (CN)
802.1Qaz Enhanced Transmission Selection (ETS)
802.1Qbb Priority-based Flow Control (PFC)

ちなみに、各略語のフルスペルは、

DCE: Data Center Ethernet (Cisco), CEE: Converged Enhanced Ethernet (IBM), FCoE: Fiber Channel over Ethernet (ANSI/T11), DCB: Data Center Bridging (IEEE), iSCSI: Internet Small Computer System Interface (RFC), SCSI: Small Computer System Interface (ANSI/T11), FCoIP: Fiber Channel over Internet Protcol (RFC)

【後日追記】

最近、FCoE Initialization Protocol (FIP)の規格も決まったようです。これは、CEEを経由して、FCoEに対応したCEEスイッチをディスカバリするためのプロトコルになります。今までと、変わるのは、複数のFCoE対応CEEスイッチが同列に接続されていると、複数のスイッチが見つかるので、それから選択して、FLOGする手順が追加になることかな。あと、要注意なのは、多分、サーバのCNA側だけでなく、CEE直結のストレージでも、FIPが必要になるが、論理的なパスを、どう拓一するか悩ましい。

|

« Ready to use Maya 2009 and RenderMan Studio 2.0 for MacOSX/Leopard | トップページ | Data Storage Expo 2009, etc. »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

最近、日立電線の方が、「802.1/802.3の標準化動向(12):802.1 WGで標準化が進むDCBの最新動向」( http://wbb.forum.impressrd.jp/report/20090513/725 )という記事を書かれてます。

投稿: Digi-P | 2009.06.18 17:23

CEEのスイッチ/ブリッジだが、Blade Network Technologies Inc以外にも、イスラエルのMellanox社BridgeXシリーズ(BX4000)でも対応していることが判明。また、これは、FCoEのみでなく、Inifinibandにも対応している模様。

投稿: Digi-P | 2009.07.01 14:46

幕張メッセ開催のInterop2010(2010年6月10日)に出展のネットワーク機器ベンダのブースの説明員に聞いたところ。

(1) Juniperブース: CEEやFCoE対応は、2011年にEXシリーズで対応発表。2012年にMXシリーズで対応発表。将来、SRXシリーズでの対応発表。目指すところは、CEE対応のL3スイッチ。L2にとどまらず、IP、FC、Infinibandなどまで、扱えるようにすること。CEEは、FCだけでなく、その他のプロトコルの搭載についても、立ち上がってきている。明日6/11に、トップの講演があるとのこと。

(2) アルティマブース: Infiniband over CEE対応のMellanox社製CEEスイッチを展示。もう、出てるとは驚き。

(3) 日立電線ブース: Apresia 15000シリーズが2011年2月に発売で、2011年8月頃に、FCoE/CEE対応予定。ただし、FCoE/CEEに利用は、別途、ライセンスの購入が必要になる見込み。

(4) Ciscoブース: Cisco/EMC VBLOCKのラック(Cisco UCS B, Cisco Nextus 5000, EMC Clariion)の展示。1UのCisco Nextus 5000展示。

(5) Brocadeブース: CEE関係の新製品hは見当たらず、Brocade 8000, Brocade 1010/1020 CNAの製品と実演展示。なお、まだ、審議中の標準規格への対応は、同じ製品のまま、アップデートで対応していくらしい。

# とりあえず、CEEは、2012年に向かって、オンスケで、進展中のようだ。

投稿: Digi-P | 2010.06.10 20:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DCE, CEE, FCoE, ... 何かの呪文か(^^;:

« Ready to use Maya 2009 and RenderMan Studio 2.0 for MacOSX/Leopard | トップページ | Data Storage Expo 2009, etc. »